機械と作業服姿の男性

コストと安全性を考えて引火性のない離型剤を選択しよう

ゴム等を原材料として使用した製品の成形には、離型剤を使用する必要があります。離型剤には、含まれる成分の違いによって異なる製品が沢山あるため、どれを使うかについて何らかの基準を用いて判断する必要があります。例えば、現場作業の効率の良さを重視するなら、メヤニがどの程度できるかを判断材料の一つにすることも考えられます。メヤニが生じると、その除去作業に手間も時間も取られる分、生産性がダウンすることは避けられません。この点、メヤニが生じにくいフッ素系離型剤は、作業効率の観点から優れた製品と言えるでしょう。
また、現場作業をより安全に行えるかどうかという観点から離型剤について評価することも大切です。この点においても、フッ素系離型剤なら、引火性のない溶剤にフッ素コーティング剤を溶かしこんだ製品があるため、作業現場に備蓄しておいても安心です。引火性のある液体を大量に置いておく場所については、これを規制する法律があり、その法規制に従って、施設設備など様々な体制を整える必要が出てきます。この対応には相当なコストもかかりますので、これを避けるためにも、引火性のないフッ素系離型剤を現場作業用として採用する方がお得でしょう。

ゴム製品等の綺麗な形造りに必要不可欠な離型剤の存在

プラスチックを使うにせよゴムを使うにせよ、金型に粘着して型崩れや破損を起こしやすいという難点は共通です。これを解消するためには、離型剤の使用が絶対に欠かせません。特に、フッ素…

フッ素系離型剤を使って成形が難しいゴム等の製品も綺麗に作ろう

薄型製品や細長い形の製品は、素材が何であれ、綺麗に形造って破損せずに維持するのは難しいものです。プラスチックやゴムを使った場合も事情は同じで、薄型プラスチック製品は割れやすい…

ゴム製のパッキンやチューブの成型に欠かせない離型剤

ゴムで出来た製品には実に様々なものがありますが、日々の生活に馴染みが深いものとして、ゴム製のチューブやパッキンがあります。いずれも、細長い上に、チューブの場合は内腔を作る必要…

コストと安全性を考えて引火性のない離型剤を選択しよう

ゴム等を原材料として使用した製品の成形には、離型剤を使用する必要があります。離型剤には、含まれる成分の違いによって異なる製品が沢山あるため、どれを使うかについて何らかの基準を…